パソコンの省電力になる?PCはスリープとシャットダウンどちらが良いのか?

省電力とうたってパソコンをこまめにシャットダウンする人これは本当に省電力になるのでしょうか?
実は、パソコンは起動時に結構電力を消費します、最大で起動しっぱなしのパソコンの2時間分の消費量になると言われております。
なので、頻繁に電源を入り切りしている人は逆に電力消費量が大きくなってしまいます、長時間使うひとはスリープなどの機能を使うのが良いでしょう。もしもあなたが黒い砂漠推奨PCみたいに高性能なグラボやCPUを搭載したデスクトップを使っているなら電力消費量は相当多くなっていて、毎月の電気代が高くなっているかもしれません。
とくに毎時使用している事務関係やFXや株取引など中心の方は、離席するたびにシャットダウンして再起動なんていうことはやめておいた方が良いでしょう。
支障がないようであればモニターの電源を落とすだけで結構です、再起動にかかる時間も短縮できて一石二鳥です。
しかしながら、一日に数時間しか起動しないようであれば、きっちりとシャットダウンを行うのが良いでしょう、とくに誰もしようしてない時間があるのであれば、コンセントの電源から抜いておき、待機電力の粗消費を抑え、また雷サージなどの対策にもなります。
また、こまめにできる微量な省電力をあげる努力も可能です。

起動時に起動するアプリケーションを少なくする

PCを購入当時にインストールしたソフトをそのままにしている、またはデスクトップになんでもかんでも貼り付けるorショートカットが多い方は、デスクトップをすっきりして、不要なスタート時の起動アプリケーションなどは削除いたしましょう。

メモリーやCDなどの外部メディアやメモリーなどは接続しないでおく

CD、DVD、BDや各種メディアデバイスなども、起動時に読み込む処理を行っております、すぐに見ない、聴かない、読み込ませる必要がないメディアは接続しないようにしましょう、自動再生を切っておくことも重要です。
上記を心がけるだけでも大分省電力になると思います、またスリープなどにしておいて、ちょっとした振動をマウスで感知してスリープがとけることを懸念する方がいるようであれば、電源のオプションでマウスの設定をオフにすることも忘れずにおきましょう。
間違った使い方をすると、逆に電気代が増えていた、なんてことにもなりかねませんので、ご自分の使用にあった、パソコン電源の管理を行いましょう。

admin1 / 2015年12月10日 / 未分類